記事一覧

カンペールがコブラをイメージしたリサイクルシューズ発売、足を包み込むようなシルエットが特徴

图片描述

「カンペール(CAMPER)」が、サーキュラーエコノミーへの取り組みを本格的にスタートし、完全リサイクル可能なシューズとして「コバラ(KOBARAH)」と「ワビ(WABI)」を8月7日に発売する。両モデルとも単一の原材料で生産することで減量廃棄ゼロを達成し、簡略化した製造工程によって生産時の二酸化炭素排出量を大幅に削減した。

 2016年春夏シーズン以来5年ぶりに登場するコバラは、蛇の一種であるコブラから着想してデザイン。足を包み込むようなユニークなラインによるシルエットと頑丈なヒールが特徴で、コブラの官能性や流動感、優美さを表現したという。価格は税込2万2000円で、ワントーンのレッド、クリーム、ライトブルーの3色を展開する。

 リサイクルTPUを使用したワビは、日本のミニマリズムにインスパイアされた一体成型サンダル。健康と環境に配慮したシューズとしてパーツを最小限に抑え、人間工学に基づいたミニマルなデザインに仕上げた。価格は税込9900円。ネイビーやレッドなどを展開する。